テキストリンク
テキストリンク

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

株式投資は預貯金のみの資産運用しかしてこなかった日本人にとっては、非常にリスクがあり、取り組みづらい金融商品かもしれない。しかし株式投資に注目が集まるにつれ、株式投資をはじめやすい環境が整ってきている。


今が株式投資をはじめる絶好の機会かもしれない。


株式投資の解説書では、毎日の株価の変動に一喜一憂する必要はないと書かれているが、それはちょっと無理な話である。私もそうなのだが、毎日携帯メールで送られてくる株価情報を見ながら不安な気持ちを持ち続けている。


株式投資をはじめやすい環境が整ってきたようだ。まずは売買手数料が自由化になったこと。次はインターネット取引の開始。そして株式の取次ぎ業務の自由化があげられる。特に株式の取次ぎ業務の自由化は、株式投資の広まりを加速したといえるだろう。


関連情報はここから⇒          

スポンサーサイト

株式投資が気軽にできるようになったことは、さまざまな場面でプラスに働いている。それは株式投資をすることで、世の中の動きと株価の関係がわかるようになり、社会人として経済や社会の動きが分かるようになってくることである。


株式投資をするためには、投資する企業や、その企業を取り巻く経済状況などを世界規模で知らなければならない。積極的に情報を収集するクセも付くようになる。


株式投資で稼いでいる機関投資家の真似を、個人投資家がやろうとしても個人の資金力では到底無理だ。またデイトレーディングが流行りだといっても、日夜を惜しまずに働いている普通のサラリーマンにはそんな時間は到底ない。お金は借りて作ることはできるが、時間は借りることはできない。


株式投資法の中には時間があれば出来るものが意外と多い。 株式投資で成功する秘訣は、人気のある企業の株を買うことではない。これから成長して、人気も実力も上がっていきそうな会社の株を買うことにある。そのような企業を探し当てたら、迷わず株を購入し、予想通り株が上がったら、その時点で売れば良い。


それであなたの株式投資は大成功である。株を売るタイミングは難しいが、何度か売買を繰り返していけば分かってくる。まずは成長企業を見極める力をつけることが大事である。


関連情報はここから⇒          

株式投資を始めておこなう人にとって、毎日の株価に一喜一憂することは仕方がないことなのかもしれない。


今、株式投資で成功している人もこのような経験を積んで変わっていったのである。あなたもあせる必要はない。ただいつまでも毎日の株価に一喜一憂していると、市場の雰囲気に流されて不要な売買を繰り返し【勝てない投資家】になってしまう恐れがある。気をつけてほしい。


株式の取次ぎ業務の自由化後、銀行は投資信託の窓口販売をおこない、証券会社に劣らず販売実績をあげているところも出てきている。また証券会社とコンビニエンスストアが提携し、コンビニエンスストアの端末から株式の売買ができるようになった。


株式投資で勝つために絶対に必要な知識がいくつかある。そのうち最も重要なものが「ファンダメンタル」と「テクニカル」である。この2つの指標をしっかりと理解することが株式投資で成功することにつながってくる。


株式投資は今では、インターネットや、銀行、コンビニと、自分の投資スタイルに合わせた方法を選ぶことができるようになった。


デイトレーダーなどは、その投資スタイルの先端を行っているのかもしれない。インターネットの普及で、自宅で主婦が株式投資をして旦那さんの給料以上の稼ぎを上げている例も聞く。


このように株式投資はリスクがある金融商品ではあるが、今では非常に身近に、かつ手軽にはじめられる投資法となってきているのである。


関連情報はここから⇒          

株式投資をはじめやすい環境が整ってきたようだ。まずは売買手数料が自由化になったこと。


次はインターネット取引の開始。そして株式の取次ぎ業務の自由化があげられる。


特に株式の取次ぎ業務の自由化は、株式投資の広まりを加速したといえるだろう。 株式投資を始めておこなう人にとって、毎日の株価に一喜一憂することは仕方がないことなのかもしれない。


今、株式投資で成功している人もこのような経験を積んで変わっていったのである。あなたもあせる必要はない。ただいつまでも毎日の株価に一喜一憂していると、市場の雰囲気に流されて不要な売買を繰り返し【勝てない投資家】になってしまう恐れがある。気をつけてほしい。


株式の取次ぎ業務の自由化後、銀行は投資信託の窓口販売をおこない、証券会社に劣らず販売実績をあげているところも出てきている。また証券会社とコンビニエンスストアが提携し、コンビニエンスストアの端末から株式の売買ができるようになった。


関連情報はここから⇒          

株式投資をはじめやすい環境が整ってきたようだ。まずは売買手数料が自由化になったこと。次はインターネット取引の開始。


そして株式の取次ぎ業務の自由化があげられる。特に株式の取次ぎ業務の自由化は、株式投資の広まりを加速したといえるだろう。


株式投資を始めておこなう人にとって、毎日の株価に一喜一憂することは仕方がないことなのかもしれない。今、株式投資で成功している人もこのような経験を積んで変わっていったのである。


あなたもあせる必要はない。ただいつまでも毎日の株価に一喜一憂していると、市場の雰囲気に流されて不要な売買を繰り返し【勝てない投資家】になってしまう恐れがある。気をつけてほしい。


 株式の取次ぎ業務の自由化後、銀行は投資信託の窓口販売をおこない、証券会社に劣らず販売実績をあげているところも出てきている。また証券会社とコンビニエンスストアが提携し、コンビニエンスストアの端末から株式の売買ができるようになった。


関連情報はここから⇒          

株式投資は得意分野を生かすだけではない。経済に関する知識が増すといった効果もある。ちょっと難しい話をしたいと思う。


株価は『マクロ要因』と『ミクロ要因』で変動をする。


株式投資をおこなっていくためには、この『マクロ要因』と『ミクロ要因』とは何かを知っておく必要がある。 株式投資を始めるときに必要になるのが時間の余裕である。


株式は買ったらすぐ上がるというものではない。時には目標値まで1年も2年もかかることがある。なかなか上がらないとつい動きのよい銘柄に目移りしがちだが、自分のモノサシで選んだ株式は、目標までじっと待ち続ける時間的な余裕が大切である。


『ミクロ要因』とは会社の業績や経営戦略、技術力などをさす。これらを総合的に判断して、この会社が今後も成長すると判断できれば株価は上がる。しかし今後の成長に関して悲観的な見方ができると判断する投資家が増えてくると、株価は下がってくることになる。


株式投資が注目されているのは、銀行に預けていても増えることがないということが原因なのかもしれない。しかもその銀行預金といえども安心はできない。


ペイオフ解禁により銀行預金といえども元本が必ず保証されない時代となった。 1,000万円とその利息を超えた分の預金は、その銀行が破綻してしまったら戻らないことがある。とんでもない話である。


関連情報はここから⇒          

株式投資を始めるときに必要になるのが心の余裕である。実はこの心の余裕が最も重要なのである。株価は毎日動いているため、機敏な行動が必要な時もある。しかしそれはすべて計画の上の行動であるべきで、焦りによる行動は禁物である。売買についても自分の投資姿勢をはっきりさせて、目標を立ててのぞむべきである。


 『マクロ要因』とは景気や金利、為替、国内情勢、国際情勢、天候などをさす。例えば、よく選挙の前後で大きく株価が下がることがあるが、それは政権交代などの動きがあると、公共工事などのさまざまな分野で影響がでるため、株式市場が反応することがあるためである。


株式投資をさまざまな場面で推奨している場面をみることが多くなった。景気が回復したといっても、なかなか上がらない賃金、リストラの不安、それから政治問題化している年金問題など、私たちのまわりではお金への関心がかつてないほど高くなっている。お金を預けようにも低金利時代は続いており、銀行や郵便局にお金を預けるだけでは増えることはなくなった。


株式投資をはじめると、これらの理解と関心が深まり、経済をはじめとする世の中の動きに非常に敏感になってくる。新聞もスポーツ欄だけではなく、社会面や経済面、株式欄なども見るようになり、その意味が分かってくる。街を歩いているだけで、さまざまな情報を自然と収集するようになる。株式投資を通して、社会人としての素養を持つ人間に成長することができるはずである。


株式投資が注目されているのは、銀行に預けていても増えることがないということが原因なのかもしれない。しかもその銀行預金といえども安心はできない。


ペイオフ解禁により銀行預金といえども元本が必ず保証されない時代となった。 1,000万円とその利息を超えた分の預金は、その銀行が破綻してしまったら戻らないことがある。とんでもない話である。


関連情報はここから⇒          

株式投資が広まりを見せた理由としては他にもある。


いま一般の投資家の数が急激に増えてきている。


その理由としては、インターネットを使って株の売買ができるようになったことがあげられる。このような自宅や職場のパソコンを利用して、いつでも手軽に株取引をすることを『オンライントレード』や『ホームトレード』と呼ばれている。


株式投資では株価の推移を見ることが重要だ。ここで紹介した「ファンダメンタル」と「テクニカル」を駆使して株式投資をすることが大事になってくる。


ファンダメンタルは目的地、テクニカルは目的地への道順を示した地図と考えれば分かりやすいだろう。どちらか一方ではどうすればいいのか全く分からなくなる。 証券会社によって、サービスの質はさまざまあるが、株価や各銘柄の詳細やニュースなどのさまざまの投資情報をインターネット上で見ることが出来る。


また自分の取引実績や、残高などを即座に確認することができるため、インターネットだけで株式投資が問題なくできるようになっている。


関連情報はここから⇒