テキストリンク
テキストリンク

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

株式の取次ぎ業務の自由化後、銀行は投資信託の窓口販売をおこない、証券会社に劣らず販売実績をあげているところも出てきている。また証券会社とコンビニエンスストアが提携し、コンビニエンスストアの端末から株式の売買ができるようになった。


株式投資で必要な知識である「ファンダメンタル」だが、定義としては「企業の実力」とあらわせるだろう。


毎日の株価の値動きに一喜一憂していると見失うことが多いが、株価はある期間をとるとファンダメンタルの変化の方向に動くのが普通である。つまり株価が上昇するか、下降するかは企業の実力、ファンダメンタルの行方をみなければならないのである。


株式投資が広まりを見せた理由としては他にもある。いま一般の投資家の数が急激に増えてきている。その理由としては、インターネットを使って株の売買ができるようになったことがあげられる。


このような自宅や職場のパソコンを利用して、いつでも手軽に株取引をすることを『オンライントレード』や『ホームトレード』と呼ばれている。


関連情報はここから⇒          

スポンサーサイト