テキストリンク
テキストリンク

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

株式投資をする前によく教えられることがある。株式投資をする際の心構えだ。いつも言われるのが『3つの余裕』を持てということである。


『3つの余裕』とは資金の余裕、心の余裕、時間の余裕である。 株式投資で「稼ごう!」と思うと、最初は失敗するかもしれない。投資した企業の行く末を見守るつもりで、株を購入すると、心にも余裕ができるのでプラスに働くはずである。


株式投資を始めるときに必要になるのが心の余裕である。実はこの心の余裕が最も重要なのである。株価は毎日動いているため、機敏な行動が必要な時もある。


しかしそれはすべて計画の上の行動であるべきで、焦りによる行動は禁物である。売買についても自分の投資姿勢をはっきりさせて、目標を立ててのぞむべきである。


株式投資は得意分野を生かすだけではない。経済に関する知識が増すといった効果もある。ちょっと難しい話をしたいと思う。株価は『マクロ要因』と『ミクロ要因』で変動をする。


株式投資をおこなっていくためには、この『マクロ要因』と『ミクロ要因』とは何かを知っておく必要がある。


株式投資を始めるときに必要になるのが時間の余裕である。株式は買ったらすぐ上がるというものではない。時には目標値まで1年も2年もかかることがある。なかなか上がらないとつい動きのよい銘柄に目移りしがちだが、自分のモノサシで選んだ株式は、目標までじっと待ち続ける時間的な余裕が大切である。


関連情報はここから⇒          

スポンサーサイト