テキストリンク
テキストリンク

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

株式投資は預貯金のみの資産運用しかしてこなかった日本人にとっては、非常にリスクがあり、取り組みづらい金融商品かもしれない。しかし株式投資に注目が集まるにつれ、株式投資をはじめやすい環境が整ってきている。


今が株式投資をはじめる絶好の機会かもしれない。


株式投資を実際におこなうと、買値が1円でも下がるとそれだけで「明日暴落するのではないか」と恐れるが、1円でも上がると「明日には2倍になるのでは」と妙な期待を抱くものである。


ちなみに日本株では値幅制限というものがあるため1日、2日で買った株価が2倍になることはほとんどない。


株式投資をはじめやすい環境が整ってきたようだ。まずは売買手数料が自由化になったこと。次はインターネット取引の開始。そして株式の取次ぎ業務の自由化があげられる。特に株式の取次ぎ業務の自由化は、株式投資の広まりを加速したといえるだろう。


関連情報はここから⇒          

スポンサーサイト