テキストリンク
テキストリンク

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

株式投資にはリスクを伴う。不思議なもので、株式投資を始める前は「株は恐いもの」と考える人が多いが、買う銘柄が決まり、注文を出す時点になると怖さはどこかに忘れ「株は必ず儲かるもの」という意識になる。


株式投資は預貯金のみの資産運用しかしてこなかった日本人にとっては、非常にリスクがあり、取り組みづらい金融商品かもしれない。しかし株式投資に注目が集まるにつれ、株式投資をはじめやすい環境が整ってきている。


今が株式投資をはじめる絶好の機会かもしれない。 株式投資の解説書では、毎日の株価の変動に一喜一憂する必要はないと書かれているが、それはちょっと無理な話である。私もそうなのだが、毎日携帯メールで送られてくる株価情報を見ながら不安な気持ちを持ち続けている。 株式投資をはじめやすい環境が整ってきたようだ。


まずは売買手数料が自由化になったこと。次はインターネット取引の開始。そして株式の取次ぎ業務の自由化があげられる。特に株式の取次ぎ業務の自由化は、株式投資の広まりを加速したといえるだろう。


関連情報はここから⇒          

スポンサーサイト