テキストリンク
テキストリンク

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

株式投資では株価の推移を見ることが重要だ。ここで紹介した「ファンダメンタル」と「テクニカル」を駆使して株式投資をすることが大事になってくる。


ファンダメンタルは目的地、テクニカルは目的地への道順を示した地図と考えれば分かりやすいだろう。どちらか一方ではどうすればいいのか全く分からなくなる。


このような株式投資は、証券取引所の立会いがおこなわれていない時間帯、早朝や深夜でも売買注文を出すことが出来るため、日中に仕事をしているサラリーマンなどには大変便利なものとなっている。


ただ証券会社の担当者と直接話さないで、自分自身で売買の判断ができる人でないと難しいこともある。 株式投資ではいろんな投資方法が紹介されている。その方法で成功する人がいる反面成功できない人がいることも事実である。その投資方法が優れていたとしても、成功する人と失敗する人がいる。これは株式投資に限ったことではないが、ここでも顕著に分けられてしまう。


株式投資が気軽にできるようになったことは、さまざまな場面でプラスに働いている。それは株式投資をすることで、世の中の動きと株価の関係がわかるようになり、社会人として経済や社会の動きが分かるようになってくることである。


株式投資をするためには、投資する企業や、その企業を取り巻く経済状況などを世界規模で知らなければならない。積極的に情報を収集するクセも付くようになる。 株式投資で稼いでいる機関投資家の真似を、個人投資家がやろうとしても個人の資金力では到底無理だ。


またデイトレーディングが流行りだといっても、日夜を惜しまずに働いている普通のサラリーマンにはそんな時間は到底ない。お金は借りて作ることはできるが、時間は借りることはできない。株式投資法の中には時間があれば出来るものが意外と多い。


関連情報はここから⇒          

スポンサーサイト